FC2ブログ

地域支援  すべての人が地域の中で・・。

全ての人が生まれ育った地域の中であたりまえの生活営んでいくあたりまえだけど、むずかしく…あたりまえだけど、何より大事な事。  2010年もよろしくね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハブ アンド スポーク

 天草市は市内の周遊バスを試験的に運行開始しました。

専門的な委員会でそれこそ、集中的に議論されたのでしょう・・。
地域の高齢者等の移動手段の確保という意味では、いい試みかなと
思います。ただし、試験的に導入されたのが旧本渡市内って言うのが
?です。
 試験運行に伴い、採算性についても検討されるのかなとは思いますが。
本当に必要な場所は、ここなのかな?って感じています。
 私たちNPOでは福祉有償運送・障害者自立支援法に基づく移動支援事業
を行っています。天草市が広域合併に伴いサービス提供の範囲がとても広がったのと
同時に、ほかに利用のできる移動手段がないためです。
 赤字路線をそのままに運行し、さらに周遊バス。厳しいのではないでしょうか。
その路線の維持管理には私たちの税が使われる。
 公共交通機関と言っても、株式会社や個人のタクシー事業者です。
私たち、福祉の立場のから言うと、県の「こども療育支援センターの事業は、まさに
「ハブ・アンド・スポーク」 。県の療育支援センターを各圏域毎に作る事は、現実的ではありませんし
財政的にも難しいことです。だから、各圏域には地域毎に出先機関を・・・・・・。
 天草の公共交通機関を考えるとき、同様に「ハブ・アンド・スポーク」の考えは原則だと思います。
バス路線は、合併前の町までのピストン輸送のみにして効率化する。その先の輸送機関は、
地元のタクシー事業者さんたちが、ミニバンタイプの車でそれを担う。それが無理な方には、福祉
有償運送がサテライトで対応する。また時間帯によってはスクールバスも使えるだろう・・・。
 日々、限界集落と言われる地域を廻ってると、そうゆう事を考えてしまいます。
周遊バスの必要性が高いのは、実は採算が絶対に合わないだろう、スポークの先の枝葉なのです。
限界集落と言われる採算の合わない路線を。そこの方々の生活を守るのが行政の役割です。
 それを担っていただける地元のタクシー事業者さんには、それこそ十分な手立てをしてあげましょうよ。でっかいバスで乗客のいないバスの補助金を出すのなら、もっと効率的にお金を使いたいと思います。
  観光の意味もあることは十分に分かった上で、今回のバスの運行について話しています。
やっぱり、限界集落や、田舎の交通手段の確保のほうが、優先課題だと思います。
プライオリティーの問題ですが。

                           事務局長   S でした
 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://stepsiroikumo.blog49.fc2.com/tb.php/228-c855a331

 | HOME | 

かうんた~


ステップの紹介説明

NPO法人ステップバイステップ

Author:NPO法人ステップバイステップ
NPO法人ステップバイステップは日中一時、就労継続支援B、グループホーム、福祉有償運送,生活介護など活動をしています。
営業時間は
生活介護は午前9時~午後4時
日中一時は午後3時~午後6時
みゃおみゃーおーベーカリー(就労継続)は
朝9時~午後4時までです。
みゃおみゃーおーベーカリーのパンは
お店のみ販売ので全国発送してませんので
お店まで来てください!
 それから、ポルトでは喫茶店、八百屋も開設したよ~^^
住所は熊本県天草市中央新町(旧肥後銀行跡近く)です
日曜日と特別な用事は更新をお休みします
デイサービスの画像です
デイ

デイの看板

カレンダ~

こめんと


過去の記事


かてごり~


リンク

このブログをリンクに追加する

日常な出来事


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。